【男子必見】 恋愛ブロガーが選んだマッチングアプリベスト5はこちら

デート中の告白を確実に成功させるタイミング・シチュエーション・セリフ

今回のテーマは、 恋愛過程において最大の難関にして超えるべき壁「告白」です。

告白の成功率を少しでも上げる方法を考察していきます。

今から一世一代の大告白を決行しようとしているそこの貴方! 是非ともこの記事を読んで今一度考え直して下さい。

【その1「告白に最適のタイミング」】

貴方の意中の女性と貴方が出会って、一体どれ位の期間が経過したでしょうか?

これに至っては、あまりに早すぎてもNGですし、逆に遅すぎても告白の成功率を下げるばかりでしょう。告白する側からすれば、少しでも相手の好意ゲージを上げておきたい所です。

告白のベストなタイミングは 「出会って1か月以上3か月未満(デートは2回以上が好ましい)」。 では、その理由も合わせてご説明しましょう。

「出会って1か月未満」の告白がNGな理由

これは、 一か月以上のコミュニケーションがないと信頼関係が築けないからです。

まともな女性であれば

初めて出会って1か月も経たない内に 告白してくる相手の何を信用しろというのか? っていうか、貴方のこと何も知らないんですけど

と心の中で思い、どうやってお断りor答えを先延ばししようかを考え始めます。

「出会ってから3か月未満」で勝負を決めたい理由

人は新たに知り合った人をカテゴリ分けしていきます。これは女性の方が顕著です。 「プライベートで職場の人に会いたくない」や「仕事でプライベートな知人と関わりたくない」というのもきっちりとカテゴリーを分けているからです。

この度初めて知り合った貴方は、「恋人になるかもしれない人」にカテゴリ分けされています。

そして時間をかけて、「友人カテゴリ」に入るか「恋人カテゴリ」に入るかの振り分けを行うのです。 その振り分け期間中に勝負を決めないと「友達カテゴリー」に分類されてしまい、彼女の「恋人になるかもしれない人」枠に新たな登場人物が現れる可能性もあります。

「3か月」というのは心理的に、人間が一つの物に飽きずに集中できる時間の限界なのだそうです。 「1か月以上3か月未満」このタイミングで告白へ挑みましょう!

【その2「告白に最適なシチュエーション」】

オシャレなレストランで…夜景の見える丘の上で…観覧車の一番上で…街中のイルミネーションの前で… 告白のシチュエーションや場所に思いを馳せてるかもしれませんが、そんなことは漫画かドラマでしかないです。

シチュエーションにおいては「いかにして彼女のYesを引き出すか」をメインに考えましょう。

NGな告白のシチュエーション

他人の目に晒される場所

女性は特に「他人の目」を意識する生き物です。これは、本能といっても間違いないでしょう。 他人の好奇の視線に晒せれている中の告白… どう甘く例えても女性からすれば地獄でしょう。

更に、その場に共通の知人なんか居た時には成功する筈のものも大失敗…なんて事に。

基本は二人きりになれる場所で告白しましょう。

夜景の見えるスポットやちょっと遠出した出先

ほぼ成功する確信を得ているならまだしも…お断りされたその後一緒に帰る事をご想像下さい。これも地獄の2丁目ですね。 どんなに可憐で可愛く、恋する貴方には天使に見えたとしても、女性は打算的な生き物です。

告白されてる頭の片隅で「この告白断ったら、ここで置き去りにされるとかないよね…」なんて考えてる可能性も無きにしもあらず。

告白する前にこちらの記事で脈ありチェックしてくださいね。

告白に適正なシチュエーション

ベストなのは「帰り際」それも「自宅から近いけれども家族等とのバッティングの可能性が少ない場所」です。

自宅から徒歩10分程の所でしょうか。 ちょっとした公園なんかがあれば「話したい事がある」の一言で足を止めてください。 女性だって馬鹿じゃありませんから、数回目のデートの帰りにある「話」なんて容易に想像出来るでしょう。

前フリをして「告白される体制」を彼女に作らせることがポイントです。 「これは、絶対告白されるでしょう。私…なんて答える!?」と前フリでワンクッション置く事で、頭の中は貴方の一挙手一投足に意識が集中されます。

不意に告白するより、前フリをしっかり置く方がアドレナリンを出させてドキドキさせることができ、告白の成功確率を上げることができます。 このドキドキがつり橋効果にも似た現象を与えることができます。

【その3「告白に最適なセリフ」】

一番重要なのに、一番失敗しがちなのがここです。 「あの時優しくしてくれた君に恋して…」だの 「君の笑顔がとても好きで…」だの。

大抵失敗する方は、真面目な詩人タイプが多い様です。 これこそ、男脳、女脳の違いなのです。

最近よく少年誌等で掲載されている「ちょっとHな恋愛マンガ」がありますよね。 主人公の男の子がヒロインに告白する際は大抵、下のような感じです。

 

主人公「君の…な所や、…な所にいつの間にか惹かれてた…君が大切だって今気付いたんだ…」

ヒロイン「…!!」

主人公「君の事が好きなんだ!」

ヒロイン「…私もっ!!!」 ( ●●先生の次回作にこうご期待!)

─END─

 

でも、少女マンガは違います。

 

主人公「…(貴方の…な所や…な所が、好き!誰にも渡したくない!)」

相手「どうしたの?」

主人公「貴方の事が好きなんです!!」

相手「僕も実は前から…」

─そして付き合いだした二人の展開が始まる─

 

どうでしょう? 女性の方が、案外ド直球を投げてくると思いませんか?

貴方が告白の際に伝える事は


「好きです。付き合って下さい」

 

ただ、これだけで女性には伝わるのです。 上手くいけば「男らしい人」というオプション付きです!

前フリでしっかりとシチュエーションを作っておいたなら、長々したセリフなんか要らないし、下手すれば彼女の放出されたアドレナリンが貴方の朗読中にシューンと落ち着いてしまう恐れもあります。

告白のセリフは的確に直球に! 告白においての鉄則なので十分意識しておいて下さい。

おわりに

いかがでしょうか?

以上の3つの点に注意しつつ、最終的には人間同士なので相手に自分の気持ちを伝えたい、という気持ちを大切にして是非ともこの大勝負で勝ち星を掴んで下さいね。

 

▼参考記事

初デートの手応え別「2回目のデート」の誘い方

女の子が脈ありかどうかの見分け方!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。