【男子必見】 恋愛ブロガーが選んだマッチングアプリベスト5はこちら

女子ウケファッションは〇〇だけで完璧!すぐに実践出来る具体例付きモテ服メンズコーデ!

鏡を見て、自分って特別格好良いって訳じゃないけど、控えめに言って不細工でも無いと思うんだけどなぁ…なのに、何故彼女が出来ないんだ!?…とお悩みの貴方。

それは、もしかしたら貴方の魅力を半減させてるファッションセンスのせいかも!

今回のテーマは「女子ウケするファッション」。

これで、貴方も2割増しで好感度UP間違い無し!是非とも熟読・実践して頂きたいテーマでお送り致します。

女子ウケの基本はフォーマル寄りのカジュアル


まずは、これだけは断言させて頂きます。

この世にスーツが嫌いな女子は存在しない!!

女性は、スーツ姿の男性にスタイリッシュさや、大人の魅力、頼りになる安心感…色々な物を感じます。会社終わりの合コン等で、もの凄く良い感じになった女の子と後日私服で会ったら微妙なテンションに…なんて経験ありませんか?

スーツとは、男の相棒であり戦闘服。ゲレンデマジックならぬ、退社マジックを起こしてくれる重要なアイテムなのです。

…が、しかし。365日スーツでいる訳にもいかないし、ファッションにはTPOが大切です。

そこで、「フォーマルを取り入れたカジュアルスタイル」こそが「女子ウケするファッション」に最も近いと言えるのです。

具体的に何を着ればいいの?

あまりファッションに興味の無い方からすると「フォーマルを取り入れたカジュアル!?」という感じですよね。そんな貴方に至極簡単に一言で伝えます。

「白シャツを着て下さい」

本当に、ただの無地の白いYシャツです。これこそが、「カジュアルを限りなくフォーマルに寄せる簡単な方法」なのです。

あなたのスタイルにあった一着を

お金をかけれるなら少し良いブランドの物をお勧めします。この一枚をこれから色んなパターンに派生させるので生地がしっかりして、体にフィットするサイズの物を店頭で試着して購入しましょう。

大手ファストファッションチェーンでは、襟口の布地が弱くスタイルが決まらなかったり、量販型であるが故にジャストフィットする形がなかったりします。安い物を良く見せるのは難易度がとても高くなるので、ここは奮発してちょっと良いものを購入して下さいね。

ちなみに、試着した後は必ずスタッフさんにチェックして貰いましょう。
特にクラシックなYシャツには様々な型があります。これは、慣れない方が自分で見極めるのが難しいので無駄な買い物をしない為にもプロの目で合わせて貰うのが一番です。

白シャツコーディネート集

白シャツ(ボタン全閉)×スキニーデニム×ブーツ


これは、よく美容師さんにあるオシャレスタイルですね。

清潔感のある白シャツを、スーツのスラックスを意識したスキニーデニムにゆるやかにインします。ブーツは、革製のブーツ等が決まり易いです。(スニーカーなら、ハイカットのものやゴテゴテしていないものの方がおススメです)

たったこれだけですが、かなりオシャレに見える組み合わせですし、これこそが「フォーマルを取り入れたカジュアルスタイル」の決定版。高身長の方・細身の方に特によく似合います。

スキニーデニムは、スポーツ等をしていて太腿周りが大き目の方は苦手意識があるかもしれませんが…そんな方でもサイズを合わせて裾の調節をキチンとお店でして貰えば多少のストレッチがきくので意外と着こなせます。
ハイカットのブーツにデニムをインさせて履けば、足回りに目線がいきやすくなるので全体のバランスがとりやすくなります。

プリントTシャツ×白シャツ(羽織)×チノパン・デニム×スニーカー

こちらはややカジュアルよりですが、誰でも挑戦しやすく誰に出も似合う安心型コーディネートです。

食事・アウトドア・どちらにも対応可能ですがプリントTシャツには十分にご注意を。

ここでは、差し色としてTシャツを入れたいので勇気を出して色味の強い物をチョイスして下さい。
そして、そのTシャツに合わせてボトムを選ぶ様にしましょう。

《参考》
・赤系シャツ→デニム・黒系
・緑系シャツ→明るいデニム・黒系スリムパンツ
・青系シャツ→黒デニム・カーキ等の中間色パンツ

この時、白シャツを羽織る訳ですから、インナーで黒シャツは避けましょう。黒・白となると一気にビジュアル系っぽくなり、一部の女子から避けられる恐れがあります。

色味を加える事でカジュアル感を出していく様にしましょう。

白シャツ×トレーナー×デニム×スニーカー

こちらは、ややストリート色が強いですので女性の年齢が若めの方に好印象。フード付きのトレーナーやパーカー等でも派生出来ます。

このスタイルはどちらかと言えばガタイの良い筋肉質な方によく似合い易いですし、ラフな着こなしなのでアウトドアデート等にうってつけです。

逆に、女性の年齢が高くなると「子供っぽい」と取られる可能性もあるのでご注意を!その際は、白シャツ(全閉)×フード付きパーカー×スリムパンツ×ハイカットブーツ等…スーツのスタイルに何となく近づけていく様にして大人女性に対応しましょう。

ジャケットと白シャツの組み合わせは上級者向き

今回はあえてジャケット等はご紹介していません。白シャツは基本的にジャケットとの相性抜群なので大体無難に合わせれますが、ジャケットを取り入れる事で「キメ過ぎ」になる可能性が大きいので少し上級者向けかと思います。

まずはこの辺りのカジュアルファッションで白シャツ使いをマスターしましょう。
それでは、ここから更にレベルアップをしていきたいと思います。皆さん、ついて来れているでしょうか?

アクセサリーは上手に使え。

アクセサリーの適正な個数

キャップ・ニット帽・サングラス・伊達メガネ・ピアス・ネックレス
腕時計・ブレスレット・数珠・ベルト・ウォレットチェーン

これらは全てアクセサリーに分類されます。
そして、アクセサリーを取り入れる際は最高3個まで。を目安にしましょう。

それ以上多くなるとバランスを取るのがとても難しくゴテゴテしてしまいがちです。ベルトは絶対的に外せないので、実質は2個ですね。

アクセサリは分散させるべし

アクセサリはなるべく一か所に集中させない様にしましょう。例えば帽子類と眼鏡類。ダブル使いしてしまうとなんとなく顔が見えにくく人相が変わって見えます。これは相手に不信感を与える場合があるのでNGです。

なるべく分散させて帽子とネックレス眼鏡と腕時計など…全体のバランスに注意するのが、重要です。

「難しい…」という方は、勿論1つのアクセサリでも構いませんが、ベルトが隠れるなら何かもう一つ…と見える場所へのアクセサリを何か一つ取り入れましょう。

それだけでオシャレさが全く変わって一目置かれます。

おわりに

さて、小難しい事も沢山並べましたが、より実践しやすい具体的な例を並べてみましたがいかがですか?

この記事を見た貴方は、明日…直ぐにでも白シャツを買いに走って下さい。そして女子ウケファッションで、素敵な女性との出会いを手繰り寄せて下さいね。

▼参考記事

LINEのトプ画を〇〇にするだけで女の子にモテる。女子がドン引きするトプ画とおすすめのトプ画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。