【男子必見】 恋愛ブロガーが選んだマッチングアプリベスト5はこちら

フケの原因と直し方(プロ直伝です)

あなたは、自分の「清潔感」に自信がありますか…?
段々乾燥が酷くなってくるこの季節…肩にふんわり積もった雪…ではなくフケ

そのフケ、相当「不潔」に見られています!

恋愛のみならず、他人とコミュニケーションを取る上で相手の第一評価に繋がる「清潔感」。
乾燥肌は生まれもってだから仕方ない…と諦める前に、プロ直伝の「フケ解消法」を試してみてはいかがですか??

フケってそもそも何?何で出るの?

そもそも、ここを理解しない事には改善策を打てないですよね。フケって一体何なのか?何が原因なのか?以外と知らない疑問を解消しましょう。

「フケ」って何?

そもそも「フケ」とは頭皮の一部が剥がれ落ちた物を言うのですが、普段から肌は新陳代謝を繰り返していのでシャンプーしてる時やただ立っているだけでも剥がれ落ちている分はあるでしょう。

それが肩に降り積もったり髪に張り付たりしているという事は頭皮上の新陳代謝メカニズムが崩れてしまっているのです。つまり、「フケ」は新陳代謝異常のサインなのです。

「フケ」の出る原因は?

大まかに新陳代謝が崩れる原因は

・寝不足
・不摂生
・ストレス

が代表的な物です。

心当たりがある方は「改善」…は中々難しいかもしれませんがそれが原因である可能性がある。という事を十分に理解しましょう。

更に、「フケ」の種類によって+αの原因も追加されてくるので今回はてっとり早く改善していきやすい+αの改善方法をメインでお伝えします。

「フケ」の種類

一概に「フケ」と言ってもパラパラふってくる粉状の物もあれば何だかペットリして髪にこびりついている物もありますよね。

前者を「乾性のフケ」、後者を「脂性のフケ」と言います。それぞれに対応方法も改善方法も変わって来るのでまずは自分の状態をしっかりと見極めて下さいね。

では、お待ちかねの改善方法です。

パラパラ粉雪フケ対策(乾性フケ)

ちょっと、頭に触れただけでパラパラと粉雪が…(泣)
これが原因でこの時期黒い服を着れないなんて方も中には居ますよね。

この乾性フケの原因は十中八九「乾燥」です。

頭皮用トリートメントで保湿する

まずは、もう実践している方も居るかもしれませんが「保湿」ですね。
近頃はドラッグストアでも「フケ改善用頭皮保湿液」みたいな商品が出回っていますが、プロは皆さんお風呂で使う「洗い流す頭皮用トリートメント」をお勧めする事が多いです。

何故なら、「洗い流さないタイプ」よりも保湿力が高く効果を実感しやすいからです。
髪の毛に使うトリートメントは毛穴に詰まると、脱毛の原因になるのでNGですが(妙齢の男性諸君、くれぐれもご注意を!)
頭皮「専用」の物ならばそんな心配もありません。

amazonや楽天なんかでも購入出来ますが、一番手っ取り早いのは美容室や理容室で選んで貰う事です。

育毛剤で水分油分のバランスを整える

「女じゃあるめぇし長風呂なんかしてられっか!」という江戸っ子気質な方は、「洗い流さないタイプ」でも良いのですが、その際は「育毛剤」を使いましょう。

勿論生え際が気になっている方にも良いのですが、残念ながら「育毛剤」には「髪を生やす成分」はほぼ入っておりません。(まだ…!まだ絶望しないで下さい愛用者の皆様!)

一概に全ての製品がそうだとは言いませんが大体の目安として6000円未満の物には、ほぼ「生やす」効果は無いと思っても良いです。それ程までに育毛に必要な成分は「高額の成分」という事です。

では、どんな成分が入っているのかと申しますと「髪が生えて来るのに最適な環境を作る成分」が殆どの成分を占めているのです。(勿論高額の物にも入ってます)

この成分が乾性フケの方には最適で、下手に「乾燥」だけに着目した製品を使うと効果を得られなかったり、逆に保湿しすぎてべたついたりする事があります。育毛剤は「水分・油分共にベストな量を調整する」機能を持っていますので、どんな方にも「フケ」に対する効果は表れ易くなります。

乾性フケにお困りの方は、まずは「洗い流すタイプの頭皮用トリートメント」又は「育毛剤」によるケアをお試し下さい。
(勿論、両方使いもおススメですよ!)

べたべたオイリーフケ対策(脂性フケ)

こちらは、ちょっとやっかいでちょっと時間もかかります。オイリーなフケが出てくる人は、まず体内の「脂性バランス」が崩れている場合が多く、それの主な原因が「食生活の乱れ」です。

脂っこい物やカロリーの高い物が好きで野菜が嫌い…脂性フケに悩んでいる方は、同時にニキビに悩んでいる方も多いです。まずは食生活の改善を心掛けましょう。

スカルプケアシャンプーでしっかり洗浄

そして、次に余分な油分を取り除く為「頭皮用シャンプー」を使う事をお勧めします。

本来シャンプーは頭皮を洗う物なんですが、近年はダメージケアに特化した物が多く、保湿力ばっちり!シリコンばっちり!という物が主流になってきています。しかし、脂性フケに悩む方々にはそれはむしろ害悪!すっきりしっかり「取り除く」事が重要なのです

ちなみに「べたべたのフケが出て困ってるから薬用シャンプーに変えてみた」なんて声も聞きますが、薬用シャンプーは読んで字のごとく「薬」となる事を目的とした(物によったら)医薬部外品です。基本的に「優しく低刺激」で洗い上げる事を目的としているので、脂性フケには逆効果です。(皮膚科等で処方される物はまた違うそうですが…)

洗浄力の強さを求めるなら、「スカルプケアシャンプー」がおススメ!
スカルプ(頭皮)をケアしてくれるシャンプーで一般的なシャンプーよりも洗浄力が強いです。

脂性フケも保湿は大切!

スカルプケアシャンプーを使う上で、注意したいのが単品使いはNGということです。

人間の体は構造上「取れば取るだけ補充する」様に出来ています。
スカルプケアシャンプーで必要以上の水分・油分を落としたままの状態でいると、今度はその乾燥状態を補う為に余計に油分が出てしまいます。取り除いた後はしっかりと補填をしないと脂性フケは悪化してしまいます。

スカルプケアシャンプーで頭皮で酸化してしまった油分やベタついたフケを取り除いた後は、乾性肌対策と同じく
「洗い流すタイプの頭皮トリートメント」または「育毛剤」で保湿をして下さい。

ダブルケアをすると、頭皮からあがる「嫌な臭い」も解消されて一石二鳥です。

頭皮トラブルがある方へのおススメシャワー法

頭皮トラブルのある人は「水分か油分、もしくは両方の保持量に問題がある」状態です。そこでおススメしたいのが「水シャンプー法」です。
これは、もう本当に簡単。

『水シャンプー法』
1.42度程度のシャワーを出す。
2.3分間シャワーを頭にあてながら普段シャンプーする様に頭皮を擦る
3.おわり

これだけです。

本来ワックスやスプレー等の整髪料をつけない状態であれば、自然に髪に付着する汚れや頭皮から出てくる余分な油分は、水シャンプーだけで8割落ちると言われています。

これを1日置きにするだけで、「水分・油分」の「取り過ぎ・残り過ぎ」を最も低刺激で且つ適切な量に調整出来ます。

ただし整髪料を使っている方はこの方法を行えないので悪しからず…休日等、使用しない日に行う様にして下さい。

それと意外と3分って長いので、最初はしっかりと時計等で時間もチェックして下さい。簡単な分、しっかりと行わないと効果が出ません。

おわりに

フケのタイプ別の治し方は理解して頂けましたか?
しっかりケアすれば約2週間程で効果が出てくると思いますので、地道に毎日続ける事が重要です。

プロ直伝のこの方法で、この冬はフケ知らずで快適に過ごしてみて下さいね!

▼参考記事

女慣れするには〇〇をしろ!女の子慣れするために最適の出会いの場所とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。