【男子必見】 恋愛ブロガーが選んだマッチングアプリベスト5はこちら

LINE(メール)テクニックで片思いの女子からモテる方法【保存版】

みなさん!
メールやラインは、コミュニケーションをとる上で必須のツールとなりましたよね!

今回はLINE(メール)のテクニックで片思いの女子からモテる方法についてお話します!

▼トプ画の選定については別途こちらで解説しています。
>>女の子にモテるLINEのトプ画について

LINEはデートに誘うツールである

まずは、このマインドを忘れないでほしいです。

悠々とLINEで仲良くなってからデートしようと考えているあなた。そうしている間にも、狙っている女の子は他の男に取られてしまうかも知れません。

またLINEで話しすぎてしまうことで、いざデートとなった時に話題がないという事態になりかねません。なにより、まだデートを重ねていない段階でLINEでコミュニケーションを頻繁にしてしまうと、「新鮮味」も無くなります

LINEであなたのことを気にさせることはできますが、好きにさせることは難しいです。メッセージ交換にはまり過ぎず、盛り上がる話題はデートまで取っておきましょう。

返信の間隔を合わせる

返信して欲しいペースは女の子によってさまざまです。ですから、この頻度がいいといった正解はありません。まだお互いのことをあまり知らない状況では、その女の子が望む返信のペースを掴むことは難しいです。

そこで女の子のペースに合わせるのです。基本的には女の子のペースに合わせつつ、たまに少しだけ遅めに返すことを織り交ぜることで、女の子がLINEを待つ時間も増え、あなたのことを考える時間も増えるでしょう。

かといって、駆け引きを意識しすぎて返信が遅くなりすぎるのよくありません。あからさまに返信が遅いと、駆け引きしてると思われるか「私に興味ないんだな」と思われてしまいます。

長文で日記のような文面は避ける

長文で今日の自分の出来事を女の子に送り付ける人は多いです。
女の子はあなたの日記を見たいわけではありません。ブログを開設することをお勧めします。

このような長文日記を女の子に送り付けるタイプの方は「趣味は?好きな食べ物は?好きな映画は?」という具合に、1度のLINEに複数の質問を盛り込んでしまうことがよくあります。

女の子はこう思います。

「インタビュアーかっ!!」

聞き上手な男はモテますが、質問責めをする男はモテません。あまり興味がないあなたの長文を読むだけでなく、複数の質問に答えさせられる女の子。とてもお気の毒でございます。

基本的には、一回の返信でする話題は1つにしましょう。

共通の話題を先に見つける!

上で書いたような自分の日記LINEや質問責めを防ぐ方法がございます。

それは、お互いの共通の話題をすることです。共通の話題を話せば盛り上がることは分かっていても、見つけることが難しいですよね。でも実は簡単なんです。

あなたと女の子がLINEをしているということは、なんらかの接点があったからですよね。

合コンで出会ったのであれば「(一緒に来ていた)〇〇ちゃんとよく遊んでるの?」、友達の紹介でいえば「あいつ(紹介してくれたやつ)って〇〇ちゃんの前ではどういうキャラなの?」など共通の話題でしたら、自分も知っていて深堀できるので女の子も興味を持ってくれます。

趣味の話をする

といっても女の子と同じ趣味を偶然持ち合わせている確立は低いですよね。そこで、どうしても付き合いたい女の子がいる場合は、こんな方法もあります。

彼女の趣味の最新情報を教えることです。女の子がはまってるものについて自分が勉強して、最新ニュースを教えてあげると女の子は喜びます。女の子の好きなモノのコンテンツパワーを通じてモテるのです。

また、最近の流行からお互いの興味がありそうな趣味を提案して、一緒に始めることもおすすめします。

女の子の趣味について勉強することはなかなかモチベーションも上がりませんが、一緒に始めるのは楽しいですよね。新しく始めることなので知識がなく情報交換をする機会も増えるので仲良くなれます。

早く寝る

自分が先に寝ることで翌日「おはよ!」と送ることができ、相手にLINEを切られるのを防ぐことができます。

自分からLINEを切ることによって、自分のペースにすることができます。

一番ダメなパターンが女の子に「おやすみ!また今度!」と言われ、一方的にLINEを切られてしまうことです。1回切られてしまうことで、次のLINEに「しつこさ」が生まれてしまい、送りにくくなってしまいます。

あなたが早く寝て翌日にLINEを送ることで、「寝落ちしてしまったためLINEの続きを返す」という大義名分のもとにLINEを続けることができます。

また早めに寝てこちらからLINEを切ることによって、相手に自分の好印象を残すことできます。これはデートでもそうなのですが、もう少し話したかったなと思わせるタイミングで切ることができるからです。

ピークエンドの法則

『ピークエンドの法則』というヒューリスティクスをご存知でしょうか。

ピーク・エンドの法則(ピーク・エンドのほうそく、英語:peak–end rule)とは、われわれは自分自身の過去の経験を、ほとんど完全にそのピーク(絶頂)時にどうだったか(嬉しかったか悲しかったか)ならびにそれがどう終わったかだけで判定する、という法則である。ピーク以外の情報が失われることはないが、比較には使われない。それには喜びもしくは悲しみの総量、またその経験がどのくらい持続したかですらも含まれる。

引用︰Wikipedia

LINEでも一日スパンでこの法則は適用されます。

つまり、一番盛り上がった時とLINEが切れた時が強く印象に残ります。LINEを早く切ることでもう少しLINEしたかったなという「名残惜しさ」を女の子に残すことができるのです。

「W」と「笑」で感情を表す

女の子は共感を求める生き物です。感情を女の子と一致させて心の共鳴を目指しましょう!

でも、文字のやりとりであるLINEやメールでどうやって感情を表せばいいの?答えは簡単です。盛り上がる話をしている時に語尾に「笑」と「w」をつけること

なんで「笑」と「w」なのか分かりますか?それは、感情を表現する方法はなにかと女々しくなりやすいからです。

例えば絵文字と顔文字を多用する男は女っぼくて女々しいと捉えられます。また「泣」と語尾につけるのも何だか女々しいですよね。喜怒哀楽で出していくべき感情は「喜」と「楽」です。その「喜」と「楽」という共感を気軽に出せる表現が「笑」と「w」なのです。

試行回数を増やす

何事もそうなのですが、魅力的なラインを行うには試行回数を増やすのが一番です。

リアルの会話はリアルでしか練習できませんが、LINEやメールなどのメッセージのコミュニケーションならネットでも経験値を得ることができます。

SNSでメッセージを送るのはめんどくさいし、出会い系は怪しい。

そこでカジュアルにメッセージのやりとりができるのがマッチングアプリです。好きな人との本番LINEの前に、マッチングアプリで場数をこなすことをおすすめします。

別記事にてマッチングアプリの解説をしています。

>>女の子とのコミュニケーションに最適!おすすめマッチングアプリ5選!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。