【男子必見】 恋愛ブロガーが選んだマッチングアプリベスト5はこちら

年下女性の魅力と落とし方

あなたは「年下」「同い年」「年上」この3つならどの女性が好みですか?

「同じ年」の女性と価値観を共有するのも良いし、「年上」のお姉さまに甘やかせて貰うのも良い…しかし、貴方はまだ「年下女性」の本当の魅力に気付いていないのでは!?

男性必見!「年下女性」の高すぎるスペックと落とし方を徹底解剖していきましょう

年下女性の魅力

なんと言っても、年下女性には「加護欲」をくすぐられるもの。頼りなく、まだまだ経験値が足りず世間知らずな所も「可愛い」の一言で許してしまいますよね。

年下女性は自分を成長させてくれる

近年、「マウンティング女子」なんて言葉が流行りましたが、マウンティングは紛れもない群れで生活する哺乳類の本能という事をご存知でしょうか?

これはあからさまに、「自分より下位の人間が居る」と安心する為の物だけではなく、「自分には下位の人間を統率し、守る義務がある」と己を鼓舞する為でもあるのです。

年下女性は大抵の場合、マウンティングの下位に位置します。つまり貴方自身「この加護の対象を守らなければいけない。」という意識が無意識下に働き、私生活のみならず仕事等でも貴方自身を成長させてくれます。

逆に言うと、「自分より仕事も出来て稼ぎも良い年上の彼女を見ていると自信を失くしていく…」という話もよく聞きます。これは、マウンティングにおいて自分が「下位」に位置してしまった為、本来の自分自身を見失ってしまっているのですね。

今現在は「下位」に属する年下彼女でも、若いだけあって成長は「未知数」。今から、自分との価値観をすり合わせて行く事で未来の良き理解者となる可能性が大きい事も魅力の一つですね。

年下女性はフランクなお付き合いが出来る

妙齢になってくると、お付き合いの際にチラホラと浮かんでくるワード、それが「結婚」。20代後半から、30代に突入すると急激に「危険ワード」にランクインしてきますよね。

これらは同じ年・年上女性とのお付き合いの中では切っても切れない物。その点、年下女性はまだまだその段階まで到達していないので、同じ年・年上女性に比べるとフランクにお付き合い出来ると言って良いでしょう。

まだまだ経験したい事もあるし、結婚なんてずっと先で良い!そんな風に思っていてくれた方が、男性側のプレッシャーも少なくて良いんじゃないでしょうか?

さらに、その女性を一生の伴侶にしたいと思うのならば、彼女の結婚願望が高まるのを待ってプロポーズ。というのも可能です。自分もある程度仕事に打ち込み、生活基盤を安定させた所で家族を持てる…。

男性側には年下女性と付き合う事でのメリットが多いと取れます。

年下女性へのアプローチ方法

ここまで、年下女性の魅力をお伝えしましたが…いざ「アプローチ」となると、「こんなオジサンより、若くてイケメンの男の方が良いに決まってるでしょ」と諦めがち。

いいえ!そんな事はないのです!年下女性から見れば、貴方は「年上男性」

年上男性には、こんな魅力が詰まってるんです。

・大人っぽく、包容力がある
・社会を長く経験しているので常識がある
・同年代に比べたら、収入等も安定している

あくまで「年下女性目線」での魅力です。つまり、この魅力を最大限に発揮していけば良いだけなんです。

相手を子供扱いして手懐ける

年下女性との接点を深く持つには、これが最善でしょう。

実際、自分にくらべれば「子供」な訳ですから、自然と接する事が出来ます。相手を「子供扱い」する事で、相手も貴方を「お兄さん扱い(年齢差によってはお父さん扱い)」して来る様になるでしょう。

そこから接点を深く持っていくのが、年下女性攻略の最善手です。

逆に「男と女」を意識してガツガツ攻めるのはNGです。それだと、同年代の男性と変わらないので、逆に貴方が「子供っぽい」と評される事になってしまうでしょう。

年下でも普段しっかりしている女性程、意外と「子供扱い」に弱かったりするので、女性が弱さを見せれる大人の男性になりきっていきましょう。

ちょっとおじさんくさい位が良い

相手が若いからといって、相手の趣味に合わせる事はありません。

そこで無理して若者の趣向へとシフトし過ぎると、「痛い人」になりかねませんのでご注意を。分からない事や知らない事を「教えて?」と言えるギャップこそが女性をときめかせるのです。

普段自分を子供扱いしてくる人が、自分の前の趣味や好みを知ろうと歩み寄ってくれる。
それは、お兄さんやお父さんには無い事なのでそこで初めて女性は貴方を「男」と意識してくれるはずです。

実年齢より5歳若く見える自分をキープする

年下女性とお付き合いする際に、一番厄介なのが彼女の周囲の友人知人です。「なんで、あの人と付き合ってるの?」、「あの人のどこが良いの?」なんて、女性は恐ろしい程直球で言葉のナイフを投げてきます。

上手くいきそうな所を、外野に茶々入れられて彼女が揺らいでしまう事の無い様、貴方自身も年下女性に見合う自分作りをしましょう。

具体的には

年齢からくるたるんだお腹
 ⇒ジョギングや筋トレで引き締めましょう。

 

ファッション
 ⇒若者の真似をする必要はないです。年相応に清潔感を意識しましょう。

 

髪型
 ⇒気になる生え際の対応策は、美容師さんに相談すると良いでしょう。

意外と「5歳若く見える様に」というのはそこまでハードルも高くないので、気楽にイメチェンのつもりで取り組んでみて下さい。

おわりに

以上の様な、ほんの些細な事で年下女性との距離がグンと縮まります。

今は相手から見れば自分はただの「おじさん」。
でも、段々と「男」を意識させていく過程は、貴方主体で恋愛の醍醐味ともいえる感覚が味わえるはず!

是非とも年下女性の魅力と対応を把握した上で、素敵な恋愛に発展させて下さいね。

▼参考記事

年上女性の魅力と落とし方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。